太陽光発電の課題ってなんでしょうか !?

太陽光発電の課題ってなんでしょうか !?

太陽光発電の課題 !?

素晴らしいメリットが多い太陽光発電にもいくつかの課題が存在し、日本国内で太陽光発電システムの普及率が低いことは、大きな課題のひとつだと言われています。

 

普及率が上がらない理由として、やはり、高額な導入費用が最大の要因だと考えられているようです。

 

現在の日本では海外のように高い金額で売電が行われていませんので、諸外国よりメリットが低いと考える方々もいます。

 

そしてこのような日本で太陽光発電を普及させる為には、導入費用を下げる必要があると考えられているようです。

 

国、県、市町村という単位で、太陽光発電導入に関する補助金を出しています。しかしこの金額や受付期間は、導入地域の自治体によって異なるものです。

 

太陽光発電システムの需要が増えれば、製造コストや導入価格も少しずつ下がっていくと考えられています。

 

ですので、太陽光発電システムの推進をしていきたい政府としても、太陽電池メーカーと住宅メーカーにおける連携強化を訴え始めているようです。

 

そして太陽光発電システムの導入金額が下がれば、設置業者も増えいくと考えられています。

 

このシステムは10年から15年程度で減価償却出来る仕組みではありますが、現在の日本国内ではその回収スピードやメリットよりも導入費用の高さが注目されてしまっているようです。

 

近年では太陽光発電システムを製造している様々なメーカーにおいて、製造コストを下げる取り組みや、発電効率を上げる研究開発が進められるようになりました。

 

太陽光発電は地球環境だけでなく、家庭や企業にとってもメリットの高いシステムですので、関連各社の努力によって導入価格を下げながら普及率を上げていくことが理想的だと考えられています。


ホーム RSS購読 サイトマップ