太陽光発電の『デメリット』は設置前に必ず知っておこう!

太陽光発電の『デメリット』は設置前に必ず知っておこう!

太陽光発電のデメリット

太陽光発電設置にも、いくつかデメリットと考えられる点もあるようです。

 

その中で多くのサイトに書かれていることは、導入費用が高いということでした。

 

太陽光発電システムは非常に素晴らしいものですが、導入段階で数百万円の金額がかかるということで、価格面で躊躇される方々もいるようです。

 

太陽光発電業者の多くは、その不安を解消する為に導入金額の回収シュミレーションを行なってくれます。

 

そして導入コスト回収の平均は、10年から15年程だと言われています。

 

この他に不安要素として挙げられることは、メンテナンス費用の部分です。

 

近年では各メーカーでオリジナルの保証を設けるようになりましたが、

 

その保証や契約内容によっては有償修理となるケースもあります。

 

ソーラーパネルの寿命は約30年と言われていますが、パワーコンディショナー等の寿命は約10年のようです。

 

現在販売されている太陽光発電の多くは、耐久性も高くなりました。しかしこのシステムが電気機器と考えると、いつかは壊れることを想定しておく必要もあります。

 

そしてトラブルが少ない品質の高さという点で、国産の太陽光発電を導入することが理想的だと言われているようです。

 

クオリティの高い太陽光発電システムは、ソーラーパネルを含めた導入費用も高い傾向があります。

 

しかし不意のトラブルによって修理費用がかかることを想定すると、長期間安心して使い続けられるものを導入することが良いと考えられているようです。

 

メリットがたくさんある太陽光発電システムですが、多少のデメリットも存在すると言われています。この両者をしっかりと把握しつつ比較検討を進めていくことは、太陽光発電システム導入前にとても大事な作業となるようです。


ホーム RSS購読 サイトマップ